Me

name:kazu

kazu profile

学生時代より東京国際モーターショウや海外で開催された万国博覧会などのイベントコンパニオン、大学卒業後は大手電機メーカーOL、ツアーコンダクター、JAL機内誌ウインズ編集部勤務を経て、子育て中に、季節のフルーツから酵母を育てるのが楽しくなって、パン作りを始める。

生きてる酵母の深みにはまり、天然酵母系パン屋さんに1年間勤務。朝4時半から、1日に売るパンを2人で成形する仕事。帰宅すると向こうから息子たちが帰ってくる時間で、休む間もなく精一杯おかあさん業に邁進する日々。ふと気がついたら余裕なくてアップアップの毎日。そんな時に、この状況の中で、わたしにできるコトでわたしも周りの人もしあわせになれるコトってなに?と考えてたどりついたのが、自宅のおダイドコでteteぱんの会を開催することだったのです(2007年11月)

自宅でのぱんの会開催の傍ら、お母さん仲間3人で吉祥寺井の頭公園近くの古いお家を改修して「ミンナノカフェ」立ち上げに携わったり、第1回東京ごはん映画祭レシピコンテストで準グランプリをいただいてびっくりしてる間に、マイペースだけど、手から手に伝わっていくように少しずつ着実にteteぱん仲間が広がっていきました。

現在も自宅に隣接するちいさなアトリエでteteぱんの会を開いている。

忙しい日常生活の中でも、ごはんを炊くようにぱんを手作りするちょっとしたコツや、

ぱんにもごはんにも合うおかず、

食事の時間に大切にしてること、

季節感や手仕事の美しさ、

手作りするからこそ!の楽しさ、

仲間と一緒に手を動かす時間の豊かさ、

そんなアレコレを感じていただけたらいいな。

teteぱんの会のメンバーには、パン屋さんを開業したり、マニアックにパン作りにハマっていく方や、「teteぱんの会の時間が好きで、その時間を楽しめればいいの〜だから自分ではパンを焼かなくていいの〜」なんて言う方など、人それぞれ。職業も立場も、パン作りの経験も、年代性別も様々。

ほぼ100%の方が、おひとりおひとり、blog経由でいらしてくださっています。グループ毎に、その時会うべくして集まったメンバーなんだな…っていつも思うの…ホントに不思議&ありがたいです。わたしはぱん作りを教えているけれど、メンバーのみなさんから教わることや助けられることがたくさん…感謝の気持ちでいっぱいになります♡

すきなモノ&コト:ほっこりごはん、ガラスびん、木の道具、お月さま、なちゅらるなお花、ストーリーがあるもの、きゅんとする音楽や映画、甘い香り、雨の音、ピアノ、茶道、うたうこと

パンコーディネーター、子どもの味覚を育てる講師、メディカルハーブコーディネーター、食品衛生責任者、訪問介護士、アイススケート初級指導員(←学生時代)