みるくぱんと音楽と100年前のヴァイオリン&#x1f3bb

5月スタートのグループマルベリー組の2回目のレッスンは、愛されミルクぱん💖

あまくてふあふあでまあるいから「ふあまる」って呼んでるの〜⭕️⭕️⭕️

ご試食のおひるごはんは、

*まるごと小玉ねぎとオーツ麦のスープ お庭のオレガノの香り

*山盛りレタスと豆腐、赤大根&人参&黒オリーブのサラダ

*スイカのストレートジュース

*自家製レモンシロップのドリンク🍋

今回はスペシャルゲストがいて、

100年前のヴァイオリンfromフランス(*゚д゚*)❤️キャーーー✨✨✨

いづみさんの手からレイコさんの手に渡されていくの…この小さなアトリエが引き渡しの場に選ばれて感激〜😭💕

ヴァイオリンさわるの初めて、棒みたいなものに塗る松ヤニ?もこだわりの品✨

ダンスするみたいに〜ってレイコさんが言ってくれて、わたしも…きゃーヴァイオリンとダンスダンス🎶

しずかちゃんになったつもり😂ほんとに音出たの。「力の入れ具合が絶妙かもしれない〜フツー初めてだとそんな風に音出ないんですよ〜」って励ましてもらってルンルン🎶🎶🎶

音楽も食と同じ様に、生きるチカラに直結する重要項目であり生活になくてはならないもの✨

時間があるとかないとか…ではなくて、時間をこじあけてでも日々触れていたいもの〜ってこと、もうみんなで確認&同意しました💓

苦しかったり悲しい日々、心配事でいっぱいなって余裕なくなっちゃうことだってあるけど、食や音楽は、そうゆう時だってチカラになってくれる。

そんな風に思える方々と、わたしの小さなアトリエでお会いできて、なんてしあわせなんだろう…ほんとにほんとにありがとう…そんな気持ちでいっぱいになったぱんの会でした💓

teteぱんの会マルベリー組20190705

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です