母の手料理*

2019年の幕開け*

近くの公園の初日の出*

年末年始は動きや食事のパターンが大体決まっていて、

12月30日は、夫の両親と我が家で夕食、

大晦日31日は家族で鴨ネギ鍋と深大寺蕎麦で年越しそば、

お正月は2日にわたしの実家でお昼の集まり。

その間のどこかに、夫の希望で餃子とすき焼きが入ります。

おせち料理は作るのも食べるのもだ〜いすき♡

 

10年位前から少しずつわたし担当が増えてきてる…

と言っても簡単なものばかりだけどね

弟たちも「お姉、いつもありがと〜すごい〜うまいよ〜」

とすごく喜んでくれて、ほめてくれて、

プレゼント持ってきてくれたり(笑)etc.etc.

「何日かかったの〜?」って心配してくれるけど

実際は簡単に作っちゃってる…ンフフ…

義父もわたしの実家での新年会に協力してくれて、

毎年松山から鯛の浜焼きをお取り寄せ。

この鯛くん、おなかに鶏のたまごが入ってるの

伊達巻は、はんぺんを利用した簡単に作れるものなんですけど、

ほんのり甘めな味付けは

亡き父がすごく喜んでくれた一品。

父に会いたい〜〜〜涙

1月2日は父の命日でもあるのです…

きっと父はみんなが一同に会するこの日を選んだのだと思う。

 

お重に詰めるのは主に運ぶためで、

実家に着いたら義妹たちがワンプレートに盛り付けてくれます。

今年は、下の弟や甥っ子も!

おねが〜い😍って言ってみるとみんなやさしい💞

母が作ったもの

*ごぼうの肉巻き

*黒豆煮

*庭のきんかんの甘煮

*鬼柚子の甘煮

*お雑煮

 

やっぱり母の手料理は最高だなぁ✨✨✨

特にごぼう巻きは、薄味で良く味がしみていて、

弟たちは取り合って食べて、

お土産に持って帰る分も取り合うようにしてる…笑

おかあさんの味って本当にすごいです✨✨✨

わたしが作ったもの2019

*栗きんとん

*里芋と蓮根、花人参の薄だし煮

*伊達巻

*大根と2色の人参のなます

*赤大根の甘酢漬け

*叔母の白菜の柚子漬

*花豆煮

*数の子入り松前漬け

 

義母が施設に入って2回目のお正月。

おせちは大して好きじゃない、

と頑なだったお義父さんに

少しだけ盛り付けて差入れ。

 

今年はすごくうれしそうな笑顔を見せてくれて

わたしもうれしくなりました…ヤッター🤗

元旦も前日からの続きなのに

やっぱり心新たな気持ちになるの。

 

今年は目の前の波に怖がらずにどんどん乗っていく〜

だって予想つかないような素敵なことが舞い込んだりするんだもの。

こんなことできたらいいな…ってつぶやいていたことが、

別の所で計画が進んでいたり…

まるで向こうから扉が開くようなことが

ここのところ起こったりするから…。

そのためにも

心身ともにクリアで身軽でいたいです*

 

あなたの2019年はどんな風にしていきますか〜?

もしよかったら教えてね。

 

もし一緒にできそうなことがあったら

ぜひご一緒したいです〜♡

 

今年もみなさまとどこかでお会いできる機会がありますように〜*

楽しみにしています!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommend
No articles