オンラインで「うふふぱん」の会♡

みんなに笑顔でいてほしいから、

うふふぱんの会を開きました。

わたしも一緒に捏ねて、発酵させて、焼いて〜

リアルレッスンですと、なるべくみなさまに生地をさわって、作ってほしいから、わたしは監督さんみたいな立場なのですけれども、

オンラインだと一緒に同時進行で作業します。

今回の生地は、米粉を配合した、米粉パンにしました。

サクッとかる〜い食感です♡

↑こちらは玉ねぎとアスパラガスのうふふぱん

インスタに投稿したら、シュールだね〜〜〜って。

わたしももう少し可愛めに作ったつもりだったけど

オーブンから出てきたらこうなってたの。

ポイントを抑えておけば、あとは「あなた、どうなりたいの〜?」とご本人におまかせ…

本当にね〜自分でぱんを作るってことは、

作り手も「どんなパンを作って食べたいの〜?」と自分で決めるし、

パン生地も生きてるから、発酵や釜伸びの時に、「どうなりたいの〜?」ってね

コミュニケーションとって焼き上げるの。

.

.

ご参加のみなさまがたのも可愛いです。どこか作り手の方に似ています。

今回、粉の指定などもせず、とにかく焼いてみよう!がコンセプトでしたので、

水分量もおひとりおひとり結構ちがいました。

でも画面越しによくわかりますし、みなさまお上手に決められました。

オーブンのお話もお聞きできましたので、パンだけでなく、お料理やおかし作りなど、今後のオーブンをお使いになる時に、活かしていただけたらうれしいです。

.

こちらは以前のレッスンで焼いたもの。野菜でお絵描きぱん

そして、うふふぱんは、実はもう随分と前から焼いていて、cottaのクリスマスパンのコンテストで賞をいただいたことも…

なつかしい。。。

blogを辿ったら、どこかに記事があるはず…

.

今回ご参加くださったmegumiさんが、お子様が帰っていらして一緒に食べる時

「あはは」でも「オホホ」でもなく「うふふ」ってなりました…そこに言霊があるみたいでした…と教えてくださいました。

できるだけ美しい言葉を使っていたいし、笑顔を大切にしたいです。

*****

最後までお読みいただきありがとうございました。

ひとりひとりの力は小さいかもしれないけれど、

小さい力が集まって大きな力になれることを信じて〜

ココロとカラダがベース!

大切にをケアして、しあわせを広げよう♡

tete atelier kazuでした♡

*****

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です